空き家の活用方法のひとつ「レンタルスペース」とは?注意点も解説

2022-11-01

空き家の活用方法のひとつ「レンタルスペース」とは?注意点も解説

空き家は維持管理に費用がかかるうえに、放置すると建物の劣化が進んでしまいますが、定期的に訪れるのが難しい方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような方には、レンタルスペースとして空き家を活用する方法をおすすめします。
そこで今回は、レンタルペースとはどのようなサービスなのか、活用方法や注意点もあわせてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

空き家を有効活用できるレンタルスペースとは

レンタルスペースとは、店舗やホテル、ビルやマンションの一室など、さまざまな空間を貸し出すサービスのことです。
レンタルスペースには明確な定義はなく、借主の希望に応じて多目的に利用することができます。
また「時間貸し」と呼ばれる時間単位での貸し出しが多いことも、レンタルスペースの特徴の1つです。
汎用性の高さと時間貸しの手軽さが人気を博し、レンタルスペースは空き家を有効活用する方法として注目されています。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

空き家をレンタルスペースにするとできる活用方法は?

レンタルスペースは、以下のような活用方法ができます。

活用方法①:ギャラリー

絵画や工芸品などの作品を展示するギャラリーとして活用できます。
趣味で作った作品を休日に展示したいという声が多く、低コストで借りられるレンタルスペースの需要が高まっています。

活用方法②:ワークショップ

ハンドメイド作品などを販売するワークショップとしても活用できます。
近年は個人で作った作品をネット上で販売する方も増えていますが、実際に作家さんと話しながら目で見て購入できるイベントも人気です。

活用方法③:ハウススタジオ

空き家に家具が残っているのなら、ハウススタジオとしても活用できます。
借り手の利用用途を撮影などに限定し、室内での食事や飲酒を禁止することも可能です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

空き家をレンタルスペースにする際の注意点

空き家をレンタルスペースとして活用する際は、以下のような注意点に気を付けましょう。

注意点①:集客方法を考える

需要があっても認知してもらえなければ予約が入らないので、集客方法を工夫することが大切です。
インスタグラムやツイッターなどのSNSは無料で手軽に活用できるので、ぜひチャレンジしてみてください。
また、レンタルスペースに特化したマッチングサイトに登録してみるのもおすすめです。

注意点②:セキュリティをしっかり管理する

鍵の受け渡し方法やセキュリティ面について考えることも大切です。
郵便ポストやキーボックスなどで鍵の受け渡しをおこなう方法は、現代ではリスクが伴うので避けましょう。
スマートロックや電気錠にすると安全ですが、慣れていない方は使い方を覚えなければならない点にも注意が必要です。

注意点③:清掃方法を考える

レンタルスペースの規約に、使用後は清掃をおこなうように記載することをおすすめします。
しかし、完璧に元の状態に戻してもらうのは難しいので、定期的に自分でチェックするか、場合によっては清掃員を雇うこともご検討ください。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

レンタルスペースは多くの活用方法があり、近年注目を集めているため、空き家の活用方法としておすすめです。
空き家をお持ちの方は、ぜひレンタルスペースとしての活用をご検討ください。
「おたから不動産」は鳥取市や倉吉市、米子市、兵庫県北部エリアの不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0857-35-0975

営業時間
09:00~18:00
定休日
水曜日、日曜日

売却査定

お問い合わせ