倉吉市の空き家対策をご紹介!自分でもできる空き家の対処法とは

2022-02-22

倉吉市の空き家対策をご紹介!自分でもできる空き家の対処法とは

近年、人口の減少や既存建物の老朽化に伴い、放置されている空き家が増加傾向にあります。
全国で空き家の増加が社会問題となる中、倉吉市でも空き家問題の解決に向けた取り組みがおこなわれています。
今回は、倉吉市が実施する空き家問題への取り組み内容について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

空家等対策の推進に関する特別措置法における倉吉市の取り組み

倉吉市が発表する空家等累計登録件数では、倉吉市には平成30年9月30日現在で879戸の空き家があり、今後も増加すると考えられます。
そのため倉吉市では倉吉市空家等対策計画に基づき、空き家問題の解決に取り組んでいます。
空家等対策計画は、平成26年11月に国会で成立した「空家等対策の推進に関する特別措置法」に即したものです。
空家等対策の推進に関する特別措置法では、倒壊の危険性や周囲に悪影響を及ぼすと考えられる空き家に対し、管理や指導がおこなわれます。
指導後、改善されなければ50万円以下の罰金が科されたり、代行して改善した費用を請求する行政代行がおこなわれます。
倉吉市では空き家の活用を促進するため、空き家の改修工事等の経費の一部補助や、移住定住者に対する住宅取得支援補助金の助成、空き家バンクの運営をおこなっています。
空家等に関する対策の対象地区は倉吉市全域で、計画の期間は2019年4月1日から2024年3月31日までの5年間です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

倉吉市における空き家対策として自分でもできる対処法

特定空家等に認定されないためにも、次のような空き家への対処法をおこなうことが必要です。

賃貸物件として人に貸す

空き家を手放したくない場合は、賃貸物件として貸し出す方法があります。
倉吉市では「くらよし空き家バンク」という空き家バンクを運営しており、移住希望者へ空き家の情報提供をおこなっています。
ただし、空き家バンクに登録し借り手がみつかったとしても、直接の取引ではなく不動産会社を通した契約が推奨されています。

空き家管理サービスの活用

すぐに売却や賃貸物件としての活用ができない場合、空き家管理サービスに管理を依頼することをおすすめします。
空き家の巡回や、写真付き報告を受けることができ、別途費用を払えば除草や立ち木の剪定も依頼できます。

売却をする

空き家は所有しているだけでも固定資産税や維持費がかかるため、売却するという方法を選択する方が多いようです。
建物の状況によってそのままの状態での売却や、リフォームをしてからの売却、取り壊して更地にしてから売却などの方法があります。
もし、なかなか買い手がつかない場合や早期売却を希望する場合は、不動産会社による買取もあわせてご検討ください。
家具や家電などの残置物がある状態で、売却が可能な場合もあります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

倉吉市では空き家対策のため、空き家の改修費用や移住者への補助金の助成をおこなっています。
空き家を放置していると指導や罰則を課せられる可能性もあり、賃貸物件としての活用や売却などの対処法を検討することが必要です。
倉吉市の空き家でお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。
「おたから不動産」は鳥取市や倉吉市、米子市、兵庫県北部エリアの不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0857-35-0975

営業時間
09:00~18:00
定休日
水曜日、日曜日

売却査定

お問い合わせ