豊岡市で土地売却する効果的なタイミングについてご紹介

2022-03-01

豊岡市で土地売却する効果的なタイミングについてご紹介

土地の価値は毎年変動しており、売却のタイミングによっては大きく損をする可能性があります。
しかし、しっかりタイミングを見極めれば、購入した時よりも高く売れて利益が残るなんてこともあります。
そこで今回は、豊岡市で土地売却を検討している方向けに、豊岡市における土地売却に適したタイミングの調べ方をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

豊岡市の地価公示から土地売却するタイミングを調べる

適切なタイミングを探る上で、まずは地価公示について知る必要があります。
地価公示とは、国が地価公示法に基づいて毎年1月1日時点の土地価格を判定し、1㎡の単価として3月下旬に公表する価格のことです。
基準地価という似たような名前もありますが、こちらは都道府県が国土利用計画法に基づいて、毎年7月1日の土地価格によって判定されます。
ちなみに、現在の豊岡市の基準地価は1㎡あたり3万829円、坪単価に換算すると10万1,915円です。
変動率はマイナス2.95%と下落していることが分かります。
現在は新型コロナウィルスの影響でさまざまなものの価格が大きく変動しています。
過去の地価公示や基準地価を見比べて、良いタイミングだと判断できる時に売却しましょう。

弊社が選ばれる理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

豊岡市の人口動向から土地売却するタイミングを調べる

高値で土地売却をおこなうためには、豊岡市の人口動向からタイミングを見極めることも重要です。
豊岡市の人口は2021年1月1日の時点で38万6,252人、16万4,915世帯が住んでいます。
直近の10年間で考えると人口数は2%、世帯数は10%増えています。
2020年と比べると、転入者の数よりも転出者のほうが約1,500人多かったですが、2020年はここ10年間で最大の人口数となっていました。
しかし、国立社会保障・人口問題研究所の発表によると、2020年から2030年の間に豊岡市の人口は7,700人減少すると予想されています。
そのため、人口動向からの観点でいうと今後ますます土地の需要が落ち、それに伴って価格も下がっていくことが考えられます。
そのため、豊岡市で土地売却を検討している場合は、これ以上値下がりする前に、売却したほうが良いと言えるのです。

弊社が選ばれる理由|スタッフ一覧

まとめ

今回は豊岡市における不動産売却のタイミングについてご紹介しました。
土地売却のタイミングを判断する際は、地価公示と人口動向を過去のデータまでさかのぼり、将来的にどう変動していくのかを予想して判断しましょう。
自分が納得のいくタイミングで売却できるよう、できる限りの調査をして不動産業者にも協力してもらうと良いでしょう。
「おたから不動産」は鳥取市や倉吉市、米子市、兵庫県北部エリアの不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0857-35-0975

営業時間
09:00~18:00
定休日
水曜日、日曜日

売却査定

お問い合わせ