倉吉市の地価動向と人口動態から考える「不動産売却のタイミング」とは?

2022-03-15

倉吉市の地価動向と人口動態から考える「不動産売却のタイミング」とは?

不動産の売却をする際、適したタイミングがあるのをご存じでしょうか。
不動産売却のタイミングは、さまざまな要因を探ることで見極めることが可能です。
この記事では、地価動向と人口動態に注目し、倉吉市で不動産売却する際のタイミングを考えます。

\お気軽にご相談ください!/

倉吉市の地価動向から不動産売却のタイミングを知ろう!

不動産を売却するタイミングを見極めたい場合、国土交通省が発表している「公示価格」や各都道府県が公表している「基準地価格」を参考にすると良いでしょう。
まずは、倉吉市の地価動向から不動産売却のタイミングを探ります。
鳥取県倉吉市の2021年の地価は、下記のとおりです。

  • 地価総平均  2万4397円/㎡
  • 坪単価  8万654円/坪
  • 変動率  -1.08%

※上記の数字は倉吉市の公示地価と基準地価の総平均を記載しております。
※参考://tochidai.info/tottori/kurayoshi/
倉吉市の地価は、2000年から下降傾向にあります。
しかし、同じ市内であって地価に変動のない地域もあるため、地域ごとの地価を確認すると良いでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

倉吉市の人口動態から不動産売却のタイミングを探る!

地域の人口が増加すると不動産の需要が上がり、不動産価格も上昇する傾向にあります。
一方、人口が減少すると不動産の供給が過多となり、不動産価格は下落します。
つまり、地域の人口が増えていれば、不動産の需要もあると考えられるのです。
では、倉吉市の人口動態を見てみましょう。
鳥取県倉吉市の令和4年1月末現在の人口は、4万5532人です。
平成22年の人口は5万720人、平成27年には4万9044人となり5万人を切っています。
世帯数を見ると、令和4年1月末現在の世帯数は2万626世帯、令和2年は2万376世帯、平成27年の世帯数は1万8458世帯です。
これらの動態から、倉吉市の人口は減少傾向にありますが、世帯数は微増傾向にあるといえるでしょう。
世帯数が増えているということは、それに伴って住宅などの不動産の需要もあるのではないかと考えられます。
需要のある不動産を探るには、世帯の構成を探ることも重要でしょう。
倉吉市の平成27年の世帯数1万8457世帯のうち、2人以上の世帯は70.2%、65歳以上の高齢単身世帯と高齢夫婦世帯を合わせた割合は25.0%です。
倉吉市の高齢者のみの一般世帯の割合は、全国平均よりも2.5%ポイント高くなっています。
倉吉市では、2人以上の世帯向けの住宅、高齢者向けの物件に需要があるのではないかと推測できます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

地価動向と人口動向から、不動産売却のタイミングを考えることができます。
倉吉市では、人口は減少していますが世帯数は微増しているため、ニーズに合った不動産であれば売却できる可能性があると言えそうです。
「おたから不動産」は鳥取市や倉吉市、米子市、兵庫県北部エリアの不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0857-35-0975

営業時間
09:00~18:00
定休日
水曜日、日曜日

売却査定

お問い合わせ