住みながら不動産を売却する方法とは?鳥取市の不動産売却をサポート!

2022-03-22

住みながら不動産を売却する方法とは?鳥取市の不動産売却をサポート!

不動産を売却する場合、「空室にしてから売るか」「住みながら買い手を見つけるか」悩む方もいるでしょう。
不動産を売却する際、住みながら買い手を探すことも可能です。
では、どのように売却活動を進めていくのでしょうか。
この記事では、住みながら不動産を売却する方法と注意点をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

メリットはある?住みながら不動産を売却する方法

住みながら不動産を売却する場合、普段の生活で使用している家具や家電などを部屋に置いた状態で内覧をおこないます。
実際に生活している状態を見せることで、内覧した方は購入後の生活のイメージがつきやすくなるのです。
また、住みながら不動産を売却した場合、購入希望者に物件の魅力を売主が直接伝えることができます。
内覧時に物件の魅力や売主の熱意が伝わることで、購入に至るケースもあるのです。
一方で、生活感が出すぎて内覧の印象が悪くなることもあります。
内覧の予定が急に入ることもあるため、常に部屋の中を整えておく必要があるでしょう。
また、住みながら不動産を売却する場合、引渡し日の前日まで住み続けることができます。
売却活動と新居探しを同時にできて、さらに売却で得たお金を新居の購入資金にあてられるのです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産を売却する際の注意点

住みながら不動産を売却する場合にポイントとなるのが、内覧です。
急な内覧の希望にも対応できるように、とくに土日はスケジュールを空けておきましょう。
また、いつ内覧があっても慌てないように、室内をきれいにしておくことも大切です。
部屋の掃除だけではなく、換気やにおい対策も必要です。
また、建物の構造や設備についてまとめた資料を用意しておくと良いでしょう。
内覧時に購入希望者に渡すことで、他の物件との比較や差別化がしやすくなります。

売却後も住み続けられる「リースバック」とは

不動産を売却後も「リースバック」という方法により、その家に住み続けることができます。
リースバックとは、不動産会社や投資家などの第三者に不動産を売却し賃貸借契約を結ぶことで、「売却した家を借りる」という形で住み続けることができる制度です。
引っ越しの必要がなく、さらに売却によりお金が得られるため、手元にまとまった資金が入ってくるのが特徴です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産を売却する際は、住みながら売る場合と空室にしてから売る場合の、それぞれのメリット・デメリット、注意点を把握しておきましょう。
どちらの方法で売却したら良いか迷っている方や、不動産売却についてお困りの方は弊社にご相談ください。
「おたから不動産」は鳥取市や倉吉市、米子市、兵庫県北部エリアの不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0857-35-0975

営業時間
09:00~18:00
定休日
水曜日、日曜日

売却査定

お問い合わせ