任意売却なら引っ越し費用が出るって本当?出るケースと出ないケースとは

2022-05-17

任意売却なら引っ越し費用が出るって本当?出るケースと出ないケースとは

住宅ローンを利用している方のなかには、さまざまな事情で支払いが難しい方もいるのではないでしょうか。
売却しようにも残債額によっては難しく、引っ越し費用の捻出も厳しいなどお悩みの方もいるかも知れません。
ここでは鳥取市を含む兵庫県北部エリアで、任意売却を検討している方に向けて任意売却時に出る可能性がある「引っ越し費用」についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

任意売却をすると引っ越し費用が出ることがある?

任意売却とは、何らかの事情でローンの支払いが滞った際に債権者である金融機関の同意を得て通常の売却と同じように売却できる方法のことです。
通常住宅ローンの支払いを滞ったままにしておくと、物件から強制的に退去を命じられ競売にかけられてしまいます。
しかし任意売却では通常の売却と同様に引き渡し日の調整や、条件によっては引っ越し費用の交渉をすることも可能です。

なぜ引っ越し費用が出るのか?

引っ越し費用が出るケースでは債権者である金融機関が負担します
金融機関としても競売よりも高く売却できる任意売却のほうが良いのです。
そのため残債金額を多く回収できる任意売却をするなら、引っ越し費用を支払っても良いと金融機関が判断することがあるのです。
また、物件から退去させスムーズに売却を進めるために引っ越し費用の交渉に応じる場合もあります。
さらに買主と仲介会社の交渉で買主が費用を負担することもありますが、どちらも必ず引っ越し費用が出るわけではないため注意しましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

任意売却で引っ越し費用が出るケースと出ないケースとは?

任意売却をおこなうことで引っ越し費用を出してもらえるかどうかは、債権者との交渉次第です。
交渉の際に債権者に理解を示してもらうためには、素直に「引っ越し費用が用意できないこと」を伝え、誠意をもって手続きを進める姿勢をみせるのがポイントです。

引っ越し費用が出る可能性が高いケース

  • 引っ越し費用がなく頼れる人がいないことに債権者が理解を示してくれた
  • 家財など売却するものがなく引っ越し費用を捻出できない
  • 仲介会社が債権者と上手く交渉してくれた

上記のように引っ越し費用が用意できないことを債権者が理解してくれたケースでは、引っ越し費用が出る可能性が高いといえるでしょう。

引っ越し費用が出ない可能性が高いケース

  • 預貯金があり引っ越し費用を捻出できる
  • 家族や身内に引っ越し費用を出せる人がいる
  • 家財を売却することで引っ越し費用が捻出できる

上記のように何らかの方法で引っ越し費用が用意できる状態では、債権者の理解を得るのは難しく、引っ越し費用は出ない可能性が高いでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

任意売却をおこなう際に引っ越し費用が出るのは、債権者との交渉次第です。
ポイントは正直に誠意を持って現状を伝えることといえるでしょう。
新しい生活を始めるためにも、任意売却も選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。
「おたから不動産」は鳥取市や倉吉市、米子市、兵庫県北部エリアの不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0857-35-0975

営業時間
09:00~18:00
定休日
水曜日、日曜日

売却査定

お問い合わせ