築20年以上の一戸建ての売却を成功させるポイントをご紹介!

2022-05-31

築20年以上の一戸建ての売却を成功させるポイントをご紹介!

中古の一戸建は築年数の経過とともに価値が下がり、売却も難しくなることが一般的です。
そのため築20年以上の一戸建ての売却は、売却を成功させるポイントを知ることが大切です。
今回は、築20年以上の一戸建ての売却価格や、売却を成功させるポイントについて解説します。

\お気軽にご相談ください!/

築20年以上の一戸建ての気になる売却価格は?

木造の一戸建ては、築20年を超えると資産価値はゼロになると言われています。
これは不動産売却の価格設定が、税法上の法定耐用年数を基準におこなわれているためです。
木造住宅の税務上の法定耐用年数は、22年と定められています。
土地には法定耐用年数がないため、築20年以上の一戸建ての売却価格は、ほぼ土地のみの値段となります。
また築20年以上の一戸建ての購入を難しくさせている要因として、住宅ローン控除が使えないという問題がありました。
けれども、2022年の税制改正により、適用要件を満たすことで築20年以上であっても住宅ローン控除が利用できるよう変更されています。
今まで以上に中古市場の活性化が、期待できるかもしれません。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

築20年以上の一戸建ての売却を成功させるポイントとは

次に築20年以上の一戸建ての売却を成功させるポイントをご紹介します。

築年数以外の魅力を伝える

駅から近い、日当たりが良い、買い物環境が優れているなど、築年数以外の魅力を伝えることが大切です。
人気エリアであれば中古物件でも需要は高まります。
アピールポイントが付加価値となり、築浅の物件よりも割安感を感じてもらえる効果があります。

ホームインスペクション(住宅診断)を依頼する

ホームインスペクションとはホームインスペクション専門家による住宅診断のことで、建物の劣化箇所や欠陥を診断し、修繕にかかる費用のアドバイスもおこないます。
買主に安心感を与える効果や、トラブルになりそうな劣化箇所を事前に修繕することもできます。

古家付きの土地として売却する

建物の老朽化が進んでいるならば、古屋付きの土地として売却することも検討しましょう。
買主が解体を希望すれば売主が費用を負担することになりますが、土地を探している方からの需要も生まれます。

売却の機会を逃さない

築20年以上の一戸建ての売却は、売却の機会を逃さないことが重要です。
希望売却価格にこだわると、売却のタイミングを逃す可能性があります。
相場から大きく外れた値引き交渉に応じる必要はありませんが、多少の値引き交渉には応じる姿勢を持ってみましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

築20年以上の一戸建ての売却は、資産価値がゼロになると言われ、築浅の物件に比べると売却が難しくなります。
売却のためのポイントを確認し、タイミングを逃さず売却を成功させましょう。
「おたから不動産」は鳥取市や倉吉市、米子市、兵庫県北部エリアの不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0857-35-0975

営業時間
09:00~18:00
定休日
水曜日、日曜日

売却査定

お問い合わせ