築浅の一戸建てを売却する理由は?早期売却のコツをご紹介

2022-07-26

築浅の一戸建てを売却する理由は?早期売却のコツをご紹介

不動産を売却する理由は人によってさまざまですが、築浅の一戸建てを売却する理由は何があるのでしょうか?
そこで今回は、鳥取市や倉吉市、米子市、兵庫県北部エリアで築浅一戸建ての売却を検討している方に向けて、売却理由や早期売却のコツについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

築浅一戸建てを売却する理由は?契約不適合責任についてご紹介

築年数の浅い一戸建ての場合、親の介護や急な転勤、離婚により引っ越し、経済的な問題などどうしても手放さなければいけない理由によって売却する方が多いです。
購入者からすると「こんなに新しい物件をなぜ手放すのか」と不思議に思う可能性があるため、売却する理由を購入者へきちんと伝えるようにしましょう。
売却理由を明確にすることで、安心して購入を検討してもらえるでしょう。
物件に欠陥があるなどの理由で売却したときも、購入者に隠さず説明する義務があります。
契約内容と異なる不備があった場合は、売主が買主に対して責任を負うという「契約不適合責任」が定められているため、説明に漏れがないように注意してください。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

築浅一戸建ては価格が下がる前に早期売却しよう

不動産は築年数とともに価格が下がっていくため、築浅一戸建ての売却は少しでも早く売却することで、高い価格で売れることが期待できます。
築年数5年の一戸建ての不動産価値は購入時と比較して約30%も価値が減っています。
しかし、土地は築年数によって価値が下がることはありません。
築10年経過していたとしても土地の価値は下がらないため、一戸建ては価値がある不動産なのです。
また、築浅物件の売却希望数や売却数、売却成約率も増加傾向にあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

築浅一戸建てを早期売却するコツをご紹介

1:築浅一戸建てを適正価格で売却する
売却エリアの相場に沿った適正価格で売りに出しましょう。
相場よりも高すぎると購入されず、低すぎると売主が損をしてしまいます。
2:住宅ローンの完済を想定した価格設定
住宅ローンを組んでいる場合、完済されるまでは抵当権が抹消されず売却することができません。
諸経費なども考えながら、住宅ローンの完済を想定した価格設定をおこないましょう。
3:住宅設備を残す
基本的に、売却時にエアコンや照明器具などの住宅設備は撤去しますが、築浅の物件の場合は設備もまだ新しいものが多いため購入者と交渉してみましょう。
購入者が設備を必要としている場合があり価格交渉も有利になる場合があります。
4:売却後は節税対策をする
早期売却後は、節税対策をおこないましょう。
不動産売却時に所有期間に関係なく最大3,000万円まで控除を受けることができる特例があります。
事前に詳細を確認し準備をしておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

築浅の一戸建てを売却する理由は人によってさまざまですが、きちんと購入者に伝えることで安心して購入を検討してもらえます。
築年数が経過するほど価格は下がっていくため、早期売却のコツを参考にスムーズな売却を目指しましょう。
「おたから不動産」は鳥取市や倉吉市、米子市、兵庫県北部エリアの不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0857-35-0975

営業時間
09:00~18:00
定休日
水曜日、日曜日

売却査定

お問い合わせ