オーバーローンでも不動産売却は可能?オーバーローンの意味や調べ方を解説

2021-10-05

オーバーローンでも不動産売却は可能?オーバーローンの意味や調べ方を解説

オーバーローンという言葉をご存じですか?
住宅ローンが残っている状態で不動産売却を検討している方には、ぜひ知っておいていただきたい言葉です。
そこで今回は、不動産売却を考えている方に向けて、オーバーローンの意味や調べ方、オーバーローンの状態で不動産売却する方法について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

オーバーローンとは?不動産売却が難しくなる場合も

「オーバーローン」とは、住宅ローンの残高が不動産売却価格よりも高い状態のことをいいます。
「アンダーローン」はその逆で、住宅ローンの残高が売却価格よりも低い状態のこと。
住宅ローンを返済中の物件には、融資をしている金融機関が住宅を担保として差し押さえるための「抵当権」が付いています。
基本的にはこの抵当権が抹消されないと、物件を売却できないと考えておきましょう。
アンダーローンであれば物件を売却したお金で住宅ローンの残高を一括返済できるため、その時点で抵当権が抹消され売却に支障がでることはありません。
しかし、オーバーローンでは物件の売却代金だけではローンを完済できず、抵当権を外すことができないため、売却が難しくなります。

この記事も読まれています|不動産売却の一連の流れを押さえてスムーズに売却!必要な期間もご紹介

\お気軽にご相談ください!/

オーバーローンかどうかの調べ方と対策とは?不動産売却前に確認を

オーバーローンかどうかの調べ方は、住宅ローンの残高と、物件の売却価格を知る必要があります。
住宅ローンの残高は、融資を受けている金融機関から届く「ローン返済計画書」や「残高証明書」を確認しましょう。
借入先によっては、インターネット上で残高を確認できる場合もあります。
不動産売却価格の調べ方については、類似物件が市場でやりとりされている価格からおおよその相場を知ることもできますが、さらに正確な価格を調べるためには不動産会社に査定を活用するのもおすすめです。
そのうえでオーバーローンの状態であることが判明したら、「任意売却」を検討しましょう。
任意売却とは、金融機関の了承を得たうえで抵当権を抹消し、オーバーローンの状態でも不動産売却をできるようにする方法のこと。
売却後もローン返済は続くことになりますが、ローン残高を大幅に減らすことが可能です。
もし現在のお住まいで住宅ローンの返済を続けていくのが難しいと感じたら、早めに任意売却を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事も読まれています|不動産売却の一連の流れを押さえてスムーズに売却!必要な期間もご紹介

まとめ

今回は、オーバーローンの意味と調べ方、オーバーローンの状態であっても不動産を売却する方法についてご説明しました。
住宅ローンを返済中の方で、住宅を売却したいとお考えの方は、ご自身のローンの状態と売却価格を知ることからはじめましょう。
「おたから不動産」は鳥取市や倉吉市、米子市、兵庫県北部エリアの不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0857-35-0975

営業時間
09:00~18:00
定休日
水曜日、日曜日

売却査定

お問い合わせ