不動産売却の相談窓口を目的別にご紹介!

2022-01-18

不動産売却の相談窓口を目的別にご紹介!

不動産売却をする際にどこに相談するかは、相談内容によって、窓口がそれぞれ異なります。
今回は不動産売却をする際の、状況によって異なる相談窓口について解説します。
相続による不動産売却の相談や、費用についてもご紹介しますので、ぜひご参考になさってください。

\お気軽にご相談ください!/

相続による不動産売却の相談

相続による不動産売却は、相続人同士でトラブルがあるか無いかによって、相談先が変わります。
遺産相続によるトラブルがある場合は、弁護士に相談します。
弁護士が代理で交渉するなどして、トラブルを解決することになります。
弁護士費用は相談で1時間1万円程度かかり、実際に依頼すると、別途費用がかかります。
自治体や弁護士事務所によっては、無料相談をおこなっていることもありますので確認しましょう。
遺産分割にトラブルが無い場合は、司法書士に登記手続きについて相談することになります。
相続した不動産を売却する際は、登記を相続人に変更しなければなりません。
その際にかかる司法書士の費用は、不動産登記税を含め、10万円~15万円程度が相場です。
また相続した土地の価値を知りたい場合は、不動産会社に相談します。
不動産会社への相談は無料でおこなうことができます。

こちらの記事も読まれています|不動産売却の一連の流れを押さえてスムーズに売却!必要な期間もご紹介

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の相談窓口

次に相続を含めた一般的な不動産売却における、相談窓口をご紹介します。
不動産売却にともなう税金について相談したい場合は、税務署や税理士に相談します。
隣地との境界が確定していない場合は、土地家屋調査士に依頼し、境界を確定して測量図を作成してもらいます。
相続による所有権移転登記、分筆登記などは、司法書士に依頼します。
司法書士への相談は、1時間5千円程度の費用がかかります。
相談だけでなく依頼をすると、別途費用がかかりますので、相談前に費用について確認するようにしましょう。
相談は自治体によって無料でおこなわれることもありますので、無料相談を利用することもおすすめです。
不動産会社によっては必要に応じて、弁護士や税理士、司法書士を紹介してくれる場合があります。
何から手を付けたらいいのかわからないという場合は、売却までの流れや相談先について、不動産会社に相談してみましょう。

こちらの記事も読まれています|不動産売却の一連の流れを押さえてスムーズに売却!必要な期間もご紹介

まとめ

今回は不動産売却の目的別の相談窓口について、費用もあわせてご紹介しました。
不動産売却の種類によっては、何か所にも相談しなければならないケースがあります。
不動産会社への相談は無料ですので、何から始めたらいいのかわからない場合、まずは不動産会社に気軽に相談してみてください。
「おたから不動産」は鳥取市や倉吉市、米子市、兵庫県北部エリアの不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0857-35-0975

営業時間
09:00~18:00
定休日
水曜日、日曜日

売却査定

お問い合わせ